固定資産税についての基礎知識をまとめました


固定資産税の概要についてまとめてみました。流し読みしやすいようにシンプルな表現でざっくりと書いています。難しい話は抜きでアウトラインだけ知りたいという方にオススメです。

固定資産税とは

固定資産税とは所有する土地や家に課せられる地方税のことです。1月1日に固定資産を所有している人が税金を市町村に支払います。

納税に関しては、市町村から納税通知書が送付されるので、それに従い納税します。税額は固定資産税評価額の1.4%と決められております。

居住用は安く済む

例えば住宅と土地の購入に3,000万円かかり、評価額も同じと仮定します。すると納税額は42万円になります。サラリーマンが払うには高すぎますね。

そこで一般の住宅に関しては課税標準が6分の1に減額される特例があります。これなら納税額は7万円に減額され、なんとか支払えそうです。なおアパートなどの大型の住宅も納税額が3分の1に減額されます。

評価額の求め方

評価額は路線価によって算出されます。路線価とはある街道に沿った土地の単位あたりの価格のことです。

国税庁のホームページから簡単に調べることができます。固定資産税の評価に使われる路線価は公示価格の7割くらいです。

土地の税額を計算してみよう

納税額はいくらかは市町村が勝手に計算して知らせてくれるので、わざわざ計算する必要もありません。ここでは勉強のため、試しに計算してみましょう。

例えば私の住んでいるところの路線価は1平方メートルあたり13万円くらいです。大阪の住宅の平均面積は100平方メートルなので、普通の一軒家を建てたとすると、1300万円になります。

これに1.4%をかけて18.2万円。住宅用なので6で割った3万円が土地の分の固定資産税となります。

建物の税額は?

次は建物の税額を計算していきます。まず建物の評価額は建てられた後の年数に依存します。建築してから年数の経った家ほど評価額は下がります。

それを知るために使われるのが減価償却という方法です。会計を学んだことがある方なら馴染みのある用語でしょう。建物の価格を耐用年数で割って償却額を算出して、毎年その金額分評価額を減らします。

注文住宅の相場の全国平均は2,800万円です。家は鉄筋コンクリート製で、耐用年数は47年と仮定します。2800を47で割って、償却額は60万円くらいとなります。

30年住み続けたとすると、償却額は1,800万円となり、評価額は1,000万円です。この1,000万円に1.4%をかけて6で割った2.3万円が建物分の納税額です。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です