英語って本当に必要なの?


日本人は英語ができないと色々な人が言います。まあ実際その通りなのですが、なぜ英語を学ばなくてはならないのでしょうか?今回は英語の必要性について書いていきます。

なぜ必要か?

私たちが英語を学ぶのはそれが必要な場面があるからです。例えば、海外旅行に行った時や、外国人とビジネスや研究をするときなどですね。ではそうしたことと縁のない人たちに英語は必要なのでしょうか?

すべての人に必要なのか?

日本の英語教育は不十分だ、だから小学生から英語を学習させようという意見もありますが、すべての子どもが英語を学ぶ必要があるのでしょうか?

英語を一生使うことのない生徒に英語を教えるのは無駄なはずです。実際に英語を使う仕事はそんなにありません。

仕事で使う英語は限られている

私も仕事で英語を使う機会がありましたが、学校で身につけた語彙は使いませんでした。仕事で使う英語は専門性が高いので、学校でお目にかかることがないのです。

しかしその専門性が高い英単語を覚えてしまえば、あとは楽です。仕事はやっていくうちに覚えていくように、仕事で使う英語も使っていくうちに自然と覚えていきます。

会話表現なんてググれば見つかる

他に必要な会話表現などがあったとしても、ネットで簡単に調べられます。私も取引先に英語でメールを送るときは、便利な表現をグーグルで調べています。

子供の頃から無理に頭に詰め込まなくても、必要な時に調べればいいのです。仮に無理に覚えさせたとしても、人間は必要のない知識は忘れてしまいます。そんなことをしても時間の無駄ですし、何より生徒が英語嫌いになってしまいます。

英語なんて必要な人だけが学べばいいのです。仕事も始めていないのに英語が必要だと決めつけられる筋合いはないのです。

英語が得意でも母国語の方がいい

私は英語教材を作るときは日本語のページで調べ物をして、それを英文に翻訳します。教材を作りたくなるほど英語が好きでも、調べ物をするときは母国語なのです。

英文を読めばいいじゃないかと思われるかもしれませんが、多量の英文を読むのは精神的にとても疲れることなのです。この時になって初めて母国語で情報が得られることのありがたみが分かりました。

翻訳があるのはありがたいこと

確かに日本人が英語をできない理由の一つは、その必要がないからです。しかしそれは恥ずべきことなのでしょうか?

英語を読まなくても良質な情報が得られるのは贅沢なことです。翻訳という作業にはかなりの労力が伴います。そんな作業をする必要もなく海外の情報が得られるのはありがたいことなのです。

英語学習は目的に依存する

効率よく英語を学習するには目標を設定する必要があります。単に英会話だけができればいいのなら、難しい英単語を覚える必要はありません。

仕事で文章を翻訳するならば、英会話教室に通う必要はありません。一口に英語学習と言っても分野が広いので、目的に応じて絞り込む必要があります。

多くの生徒が英語嫌いになる理由の一つは英語の学習範囲が広すぎることだと思います。

英語を一通り話せるようになるためには、何を学ぶべきかを教わることはなく、受験に使うという理由で、将来使いもしない単語をたくさん覚えさせられます。

もし生徒に英語の基本的な能力だけ習得させたいのなら、語彙も文法も最小限に抑えるべきです。

そうすれば詰め込みによる頭の混乱もなくなり、何を学べば良いかが自ずとはっきりします。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です