情報の密度を下げて読みやすい文章を書こう


今まで書いてきた自分の文章と他の人のブログを読み比べると何か違和感を感じていました。自分のブログは読むと疲れるのに対して、有名ブロガーの文章は読んでいて楽しいのです。これは自分の書いた文章だからかなと思っていましたが、そうでもなさそうです。そして今確信しました。自分のブログは文体が硬いのです。

自分の文章は詰め込みすぎ

それだけではありません。無駄を省いて、情報を詰め込みすぎていたので、読んでいると頭に負担がかかるのです。

読者のために無駄を削ってきたのですが、それがかえって仇になったようです。ですので自分の文章にもあえて無駄を入れて、読者の負担を減らすように努力します。

確かにグーグルで何かを検索する人は自分に必要な情報を得るためにブログを読みますが、それだけではないはずです。読むという作業にも何かしらの楽しみを見出しているはずなのです。

楽しむための無駄

これはブログだけに限った話ではありません。人気のある学術書は必要な情報だけを詰め込んでおしまいにはしません。それでは読者が置いてけぼりをくらいます。

簡潔な文章であることは前提として、わかりやすい例を用いたり、逸話や笑い話を挟んで、読者の興味を失わせないように努力しています。

ただ論理やデータだけを提示されても頭が疲れるだけなのです。そうした要素は自分の文章に根拠を持たせるために最小限に止めておくべきなのです。

読者を楽しませよう

いくら情報の質が良くても、読みやすく面白くなければ、読者を萎えさせます。データを示す場合でも、それがどれくらいすごいのかなどを説明できれば、一気にわかりやすくなるでしょう。

いや、データありきではいけません。データはあくまでついでの要素であって、説得して説明するのは自分自身の文章であるべきです。どちらにしても読者を楽しませるための遊びの文章が必要なようです。

私は無駄が嫌い

私は無駄をそぎ落とすための要約は得意なのですが、話を膨らませるための肉付けは苦手なのです。なので小説はあまり好きではありません。無駄な表現が多く感じるからです。

無駄が嫌いだからこそ、他の人より早く真実にたどり着けますが、その分無駄を楽しむことを忘れていたような気がします。

むしろ世の中の大部分は無駄でできていますし、それらを切り捨てるよりも、楽しむ方が長い目で見ると得なのでしょう。人生は無駄に長いですし、無駄を切り捨てた人生なんてないも同然かもしれません。

そういえば学生時代も英語の効率的な学習法や頭を鍛える方法を模索していて青春を楽しむことを忘れていました。

バイトも恋愛もろくにせず、読書と思索にふけっていたのです。それはそれで楽しかったのですが、何か勿体無い感じもします。

ブログは無駄でできている

ブログの話に戻りましょう。私がブログで無駄な文章を書きたくなかったのは、それが意味のないことだと思っていたからです。

しかし世の中の読んで楽しい情報の多くは無駄です。残りのごくわずかな重要部分を確実に伝えるために、多くの無駄でお膳立てしているのです。それが分かってしまえば、ブログで長文を書くことは難しいことではありません。

もちろんただ意味のない駄文をたくさんかけば良いというわけでもないです。肉付けの目的は読者の理解を促すこと、そして読者を楽しませることです。

ただ文章量がものをいう

そして文章の多大な蓄積はSEOの観点からも有利です。SEOで最も重要な要素は文章の質と量です。

いや質は「そこそこまあまあ」で良いでしょう。プログラムやシステムに文章の質を正確に見抜く仕組みがあるとは思えませんから。言っていることが伝わるレベルで十分でしょう。

それでもくだらないことは書かないほうが良いでしょう。読者はブログに読む価値がないと判断すると、すぐにブラウザで戻ります。そうしたデータは直帰率や滞在時間という形でSEOのスコアに反映されます。

グーグルも文章の質は見抜けなくても、読者の動きなら手に取るようにつかめます。少なくとも読者に利益のある文章を書きましょう。

となると文章量が重要ということになりますね。確かに人気ブロガーの多くは文章の質が良かったわけではなく、文章量及び記事数が圧倒的に多い印象がありました。

文章量が多いとそれだけ検索で引っかかる可能性も上がります。膨大な記事数を投稿して初めてロングテールの効果が大いに発揮されるのです。

そういうわけでこれからの方向性が決まりました。それは人生でもブログでも「無駄を楽しむ」ことです。

これからは役に立つだけではなく、読みやすく楽しい文章を書くように心がけます。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です