ルンバに最適な部屋を作る方法


お掃除ロボットの代名詞とも言えるルンバ。家電好きなら1台くらいは購入しておきたいと思うはずです。今回はルンバを実際に使う上での部屋の配置などについて書いていきます。

私は靴下が嫌いなので、家ではいつも裸足で過ごしています。ただフローリングの掃除が不十分だと、小さなゴミが足にくっついて不快な思いをすることがあります。

一人暮らしを始めた頃はこまめに掃除機で床を掃除していましたが、最近では毎日掃除するのは面倒に思うようになってきました。掃除は面倒だけど、汚い床の上を歩きたくない。そんな欲望を実現するためにルンバの購入に至りました。

私がアマゾンで購入したのはルンバ871という型式です。「ホームベース」という名前の充電スタンドと進入不可領域を設定できるバーチャルウォールが付属していました。あとは曜日ごとに掃除を予約できる機能も搭載されています。なかなかに高性能ですね。5万円も出した甲斐はありました。

実際に使ってみるとその効果がはっきりとわかります。一見綺麗そうなフローリングでも、ルンバで掃除すると埃をたくさん吸い込んでいるのです。床を歩いても足の裏でスベスベしたフローリングの感触を味わうことができます。全自動でこの清潔さを保つことができるのは実に素晴らしいことです。高い買い物でしたが、買ってよかったと思えました。

ただ何回か使ってみると、ルンバが小物を動かしたり何かに乗り上げたりすることがわかります。ここからはルンバに適した部屋を作るにはどうすれば良いかを考えていきます。

軽いものには滑り止めを敷こう

IMG_0154

ルンバは基本的に壁やものにぶつかった時に方向転換をします。ただ軽いものにぶつかると、動かしてしまうこともあります。この問題は百均の滑り止めシートで解決できます。百均の商品は意外と優秀で必要最低限の仕事はこなしてくれます。滑り止めを使ってからは、小物の位置がずれることは無くなりました。

扇風機の下にすのこを置こう

IMG_0155

またルンバは扇風機のなだらかな段差にも乗り上げて停止してしまうことがあります。停止したルンバは自動で充電スタンドに戻ってくれないので、手で持ち上げないといけません。ルンバは意外と重たいので、持ち運ぶのも面倒です。そうならないように扇風機への乗り上げも未然に防ぎたいものですね。

この問題は扇風機の下にすのこを乗せることで解決できます。ルンバにとって2cm以上の段差は壁扱いなので、扇風機に乗り上げることも無くなります。すのこはホームセンターなどで購入できます。 実はすのこはアマゾンでも買うことができます。便利な世の中になったものですね。

段差にはスロープを設けよう

IMG_0156

ルンバは2cm以上の段差を乗り換えることができません。段差のある部屋をまたがって掃除させたい場合にはスロープを買う必要があります。スロープにも様々な材質がありますが、個人的にはラバースロープがオススメです。表面の肌触りもよく、それなりに重量もあるのでルンバがぶつかってもずれる心配がありません。

ちなみに私はこちらのラバースロープをアマゾンで購入しました。少し値段が高いですが、快適な生活のためには妥協はできませんからね。

 

配線にはケーブルボックスを使おう

IMG_0157

配線もルンバの弱点です。ごちゃごちゃした配線に絡まったら停止してしまうこともあります。この場合もルンバに配線を2cm以上の段差と認識させた方が良いので、ケーブルボックスを使いましょう。部屋の見栄えも良くなり一石二鳥です。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です