出会い系サイトの効果的な使い方


インターネットの普及と共にネットでの出会いも身近なものになってきました。しかしネットの情報は玉石混交です。無知な人間をからお金を巻き上げようと数多くの罠が潜んでいます。ここでは出合い系サイトに関する正しい知識と効率的な利用法を紹介していきます。

必ず大手サイトを使うこと

女性と出会う確率を上げるために利用者が多く信用できる大手のサイトを使いましょう。無料の出会い系サイトは詐欺の確率が高く、女性もサクラやボットばかりです。

ハッピーメール、ワクワクメール、PCMAXが鉄板です。質の高いサービス、リーズナブルな値段、圧倒的な会員数、他の出会い系サイトの追随を許しません。まずはこの3つのどれかから始めるのがベストです。

むしろ出会い系リテラシーが高まるまではこの3サイト以外は使わないようにしましょう。特にスマホのアプリで「出会い」を検索すると星の数ほどのアプリがヒットし、異常に多い高評価レビューが散見されます。

こうしたアプリはメールの送信料が高く、レビューもサクラがほとんどです。仮に優良出合い系アプリがあったとしても、それを見抜くのは容易ではありません。上記3社もモバイルアプリを出しているので、ダウンロードするならまずはそちらからです。

料金

ポイント制のサイトではプロフィール閲覧が10円、女性へのメール送信が1通あたり50円が相場です。相場を大きく超えるようであれば、サイトの変更を検討すべきです。女性は無料の場合が多いです。ちなみに先ほど挙げた大手3社はどこもポイント制です。

年齢確認

優良出会い系サイトでは悪徳業者やサクラを締め出す処置を取っています。出会い系サイトの運営者は利用者に年齢確認することが法律で義務付けられています。出会い系サイトによる性犯罪の被害者の過半数が中高生だったからです。年齢確認をしていない出会い系サイトは詐欺と考えていいです。

具体的な手順としては、身分証明書の画像を送付するか、クレジットカードを利用してポイントを購入します。身分証明書の場合は年齢だけ分かればよいので、名前や顔写真を隠しても構いません。

電話認証

電話認証は悪徳業者の排除に使われます。心理的なハードルが高いかもしれませんが、サクラの排除には必要です。

もし電話認証がなければ、悪徳業者はアカウントを10でも100でも作ることができ、大量のサクラ要員として使用できます。サクラで女性を演じて、悪徳サイトに誘導してお金を巻き上げるのです。

しかし電話認証を使われると、アカウントの数だけ電話を保有する必要が出てきます。こうなると詐欺としても割に合わないので、悪徳業者は淘汰されていきます。

また電話認証はコストがかかるので、悪徳サイトや小規模サイトでは導入できません。真っ当な出会い系サイトという信頼も得ることができます。

プロフィールの書き方

女性が好む男性像に従って書きましょう。女性の多くは男性に誠実さを求めます。文章は丁寧に、品のない内容は控えて、生真面目にならずユーモアも見せましょう。ネットでは顔が見えない分、女性の警戒度が上がります。この人なら会っても大丈夫という安心感を与えましょう。

また女性は男性にステータスもある程度求めます。流行や世間体も気にするので、世間的に恥ずかしくない程度にステータスを盛るのが無難です。ニートなどではスタートラインに立つこともできません。

趣味に関しては、女性受けの悪い趣味は書かないほうがいいです。アイドルオタクやフィギュア集めなどはマイナスイメージを与えてしまいます。特に評判が悪いのはギャンブルです。ギャンブルにハマる男性は金銭感覚に疎く、将来への不安もつきまといます。

一方女性受けの良い趣味は食べ歩き、ショッピング、スポーツ、料理などの一緒に楽しめるものです。デートの口実にも使えるのでオススメです。

顔写真は必須

女性の不安を少しでも和らげるために、プロフィール欄の顔写真は必ず貼っておきましょう。実際、顔写真があるのと無いのとではメールの返信率に雲泥の差が生じます。容姿に自信のない方は全身の写真でもよいので載せておきましょう。

ちなみに既婚者向けの出会い系サイトアシュレイ・マディソンによれば顔写真があると出会いの確率が13倍に上昇すると主張しています。

メールのタイトル

女性側には多くのメールが届きます。読んでもらう確率を上げるためには、タイトルで相手の気を引く必要があります。女性は自分に興味を持ってくれた相手にのみメールを返信してくれます。

プロフを読んでなさそうなメールは無視されます。興味を持っていることがひと目で分かるように、メールのタイトルには何に興味を持ったのか明記しておくとよいです。

メールの内容

相手の名前は必ず入れておきましょう。一斉送信メールや使い回しのメールだと思われてしまいます。内容も読みやすく簡潔なものが望ましいです。

相手のプロフの内容に興味があることを伝えて、それに関連した質問をすると効果的です。人は自分の好きなものや得意なものについて話したがるものなので、相手のアピールポイントを見つけて質問しましょう。

オタク趣味はOK?

女性でもアニメやマンガが好きという人は一定数います。会話の入り口として少々書いておくぐらいなら問題ないでしょう。あまり全面的に出すと女性のほうが引いてしまうので、「時間が空いた時に軽く見ます」くらいがベストです。

これは他の趣味にも言えることですが、アピールは控えめにしておきましょう。積極的にアピールし過ぎると、女性は話についてこれなくなるかもしれないと警戒することがあります。

一人にこだわらない

一人の女性にだけこだわるのはやめておきましょう。相手の女性に重いと思われてしまいますし、脈ナシと分かったときのダメージが大きいです。

そしてできるだけ多くの人にアタックすることをおすすめします。相性の良い相手が見つかる確率は低いですが、その確率を少しでも上げるために幅広くアピールする必要があるからです。

出会い系での経験は結婚時にも役立ちます。というのも離婚の原因の第1位は性格の不一致だからです。自分はどんな相手と相性が良いのか。話し方、好物、考え方や価値観などで相違がないか、その目を養うのにも出合い系サイトの利用は打って付けです。

メルアドを聞き出すタイミング

男性が女性にメルアドなどを訊くのは、最低でも5通くらいはメールのやり取りをしてからになります。女性側も相手に個人情報を渡すのでそれなりに信頼できる人でなくてはなりません。ファーストメールでいきなりメルアドを訊くのは悪手です。

最近ではLINEでやり取りする人も増えています。メールアドレスと違い覚えやすく、使い勝手が良いうえ、気に入らなければ気軽にブロックできることも理由として挙げられます。

掲示板が効果的か

女性にメールを送っても返信がもらえないこともあります。特に美人の場合だと、1日に何十件ものを受け取るので、気に入った相手でない限り、メールを返信することがないのです。これではポイントのムダです。

選り好みしないのであれば、掲示板を使うほうがはるかに効率的です。会える日にちや会う目的、どんな人を求めているのかを明記しておけば、条件に会う女性が食いついてきます。

また食いついてきた女性は掲示板の投稿者に興味があるということなので、その後の対応を誤らなければ、会える確率はぐんと上がります。下手にメールを何十人もの女性に送るくらいなら、掲示板の投稿を作り込んでおいたほうが、労力も使わず、ポイントも節約できます。

複数のサイトを無料で使う

出会い系サイトの使い始めは右も左も分からずポイントを浪費してしまいがちです。このままポイントを購入しても良いですが、もっと賢い方法があります。他の出会い系サイトにも登録するのです。特に大手のサイトだと1,000円分のポイントがもらえます。慣れるまではこれでやりくりしてみましょう。

また大手では掲示板への投稿が1日1回無料という特典もあります。サイトを3つ掛け持ちしていれば、同じ労力で3倍の成果が上げられます。しかも無料で。これはもうやるしかないですね!

終わりに

以上が出合い系サイトの効率的な使い方になります。どちらかと言うとシステム上の上手い立ち回り方法になります。

このやり方に従ってもユーザー自身がそれなりに自分を磨いておかないと実際に出会うのは難しいでしょう。

出合い系サイトはあくまで個人と個人をつなぐツールです。出会いまではエスコートしてくれますが、出会った後は自身の魅力や会話力、機転で女性を惹きつけなくてはなりません。

そういった要素は各人によって異なるので、体系的な説明はできません。なにわともあれ実際にやって、経験を積むのが一番です。では、良い出会いを!


1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です